ロシアの学校で銃撃事件 子ども11人含む15人死亡 容疑者は自殺

ロシア中部の学校で26日に銃撃事件があり、連邦捜査委員会は、これまでに11人の子どもを含む合わせて15人が死亡したと発表しました。容疑者の男は自殺したということで、捜査当局は、事件の背景などについて調べを進めています。

ロシア中部、ウドムルト共和国の中心都市イジェフスクにある学校で26日に銃撃事件があり、連邦捜査委員会はこれまでに11人の子どもを含むあわせて15人が死亡したと発表しました。

子ども22人を含む24人がけがをしたということです。

捜査委員会によりますと、容疑者の男は30代のこの学校の卒業生で、その場で自殺したということです。

ロシア議会下院の幹部は、男が2丁の改造銃を所持していたという情報があるとしています。

イジェフスクは、首都モスクワから東におよそ1000キロ離れた人口60万余りの都市で、現場からの映像では、救急車がかけつけ、けが人が救急隊などに担架で運ばれているのが確認できます。

捜査委員会は「容疑者はナチスのシンボルが記されたTシャツを着用していた」としていて、事件の背景などについて調べを進めています。

ロシア大統領府のペスコフ報道官は、プーチン大統領が哀悼の意を表しているとしたうえで「容疑者は、明らかにネオ・ナチのグループに属している人物だろう」として、過激思想を持った人物の犯行だという見方を示しました。