静岡市 台風影響 約5万7000世帯で断水続く 復旧のめど立たず

台風15号の影響で記録的な大雨となった静岡市では、およそ5万7000世帯で断水が続いていて、給水所には水を求める多くの人が訪れていました。

静岡市では、清水区内に水道水を供給する川の取水口で、流木などが詰まって水の取り込みができなくなって、24日の昼前から断水となり、現在はおよそ5万7000世帯で断水が続いています。
25日は市と海上保安庁が合わせて28か所に給水所を設けて対応していますが、復旧のめどは立っていないということです。このうち、有度生涯学習交流館の給水所では、3トンの水が用意され、多くの住民が車や徒歩などで次々に訪れていました。
今回の大雨で、静岡県内では24日までに2人が死亡、1人が行方不明になったほか、土砂崩れや浸水の被害も相次ぎました。

午後2時の時点で、12の市と町で、合わせて2727棟の床上・床下浸水が確認されています。

また、土砂崩れで3棟の住宅が巻き込まれ、3人がけがをした浜松市天竜区の現場には、市の職員が調査に入りました。
職員たちは、被害の状況や2次被害の危険度などを確認したうえで、縦およそ5メートル横およそ7メートルのブルーシート12枚を貼って固定していました。

一方、中部電力パワーグリッドによりますと、送電用の鉄塔が倒れ、24日最大でおよそ12万戸にのぼった静岡県内の停電は、復旧作業の結果、25日午後6時の時点で1120戸まで解消したということです。