カナダ首相 「国葬」参列取りやめ 国内のハリケーン災害対応で

G7=主要7か国の現職の首脳として唯一、安倍元総理大臣の「国葬」への参列を表明していたカナダのトルドー首相は24日、ハリケーンの災害対応のため、「国葬」への参列を取りやめると発表しました。

カナダのトルドー首相は24日、記者会見し、カナダ各地でハリケーンの深刻な被害が出ていると明らかにしました。

そのうえでトルドー首相は、「日本で行われる『国葬』には参列しない。われわれ政府は、被災したカナダの人々の支援に全力を尽くす」と述べ、災害対応を優先して、27日に行われる安倍元総理大臣の「国葬」への参列を取りやめると発表しました。

トルドー首相は、G7=主要7か国の現職の首脳として唯一、「国葬」への参列を表明し、24日から28日の日程で日本を訪れる予定でした。

トルドー首相は、安倍元総理大臣が亡くなった際、「暗殺は信じられないほど衝撃的で、深く悲しんでいる。世界は先見の明のある偉大な人物を失い、カナダは親しい友人を失った」というメッセージを投稿していました。