プロ野球 ヤクルト マジック「2」に きょうにもリーグ優勝決定

プロ野球 セ・リーグで首位のヤクルトは24日夜、2位 DeNAとの直接対決を制し、優勝へのマジックナンバーを「2」としました。ヤクルトは25日もDeNAと対戦する予定で、勝てば2年連続のリーグ優勝が決まります。

優勝へのマジックナンバーを「4」としていた首位のヤクルトは24日夜、神宮球場で2位 DeNAと対戦し、打線がホームラン2本を含むヒット15本と奮起して8対1で勝ち、優勝へのマジックナンバーを2つ減らして「2」としました。

ヤクルトは25日夜もDeNAと対戦する予定で、勝てば2年連続9回目のリーグ優勝が決まります。

予告先発はヤクルトが今シーズンここまで8勝8敗の小川泰弘投手、DeNAが10勝4敗の今永昇太投手です。

またこの試合、ヤクルトの4番 村上宗隆選手には巨人の王貞治さんを上回り日本選手のシーズン最多となる56号ホームランの期待もかかっています。

高津臣吾監督は24日の試合後「勝ちたい。勝ちたいと心から強く思っている。勝てれば何でもいい」と勝利を誓っていました。

ヤクルトとDeNAの直接対決は神宮球場で25日午後6時、試合開始です。