小学1年生女児が行方不明 靴など見つかる 警察捜索 千葉 松戸

千葉県松戸市に住む小学1年生の女の子が、23日に自宅を出たまま行方がわからなくなっています。
隣の流山市の河川敷では女の子の靴と靴下が見つかっていて、警察が捜索を続けています。

23日午後3時ごろ、「公園に遊びに出かけた娘が帰ってこない」と家族から警察に通報がありました。

警察によりますと行方がわからなくなっているのは千葉県松戸市に住む小学1年生の南朝芽さん(7)で、23日の午前11時半ごろ、1人で自宅から公園に向かったということです。

23日の捜索で松戸市に隣接する流山市内の公園で朝芽さんが使っていたキックボードが見つかったほか、24日午前には公園近くの江戸川の河川敷で朝芽さんの靴と靴下が見つかりました。

身長およそ1メートル15センチ、髪型はショートカットで、ピンク色の半袖のTシャツ、青色の半ズボンを着ていたということです。

警察は捜索を続けるとともに情報提供を呼びかけています。