静岡 清水区 台風被害で約5万5000世帯断水 復旧のめどたたず

静岡市清水区では台風の影響で取水設備が被害を受け、およそ5万5000世帯で断水が続いていて、市が設けた給水所には水を待つ人の長蛇の列ができていました。

静岡市によりますと清水区の8割ほどの世帯に水を供給している興津川にある取水口では、大雨による流木などが詰まって水を取り込むことができなくなっていて、清水区のおよそ5万5000世帯で断水が続いてます。

このため、市では、24日午後3時ごろから清水区内の10か所で給水車を配備し、このうち、興津本町の給水所では給水車の到着が遅れたため、水を待つ人の列が敷地の外まで続くほど長蛇の列ができていました。
1トン分の水を積んだ給水車が到着すると、住民たちが次々に用意したペットボトルやポリタンクに水を詰めていました。

2時間ほど給水車の到着を待ったという50代の男性は「まさか断水になるとは思っていなかった。無事に水がきてよかった。晩ご飯に使いたいと思う」と話していました。

また70代の女性は「スーパーでも水が売り切れている。トイレに困っているので水がきてよかった」と話していました。

市によりますと断水の復旧のめどは立っておらず、25日も午前7時から給水車を配備することにしています。

給水車が配置されているのは、三保生涯学習交流館、駒越生涯学習交流館、有度生涯学習交流館、高部生涯学習交流館、飯田生涯学習交流館、袖師生涯学習交流館、興津生涯学習交流館、庵原生涯学習交流館、小島生涯学習交流館です。
それに、静岡市役所清水庁舎です。

一方、葵区と駿河区で起きていた停電による断水は、一部の山間部を除き解消されましたが、断水が起きた地域では濁った水が出る可能性があり、市は、しばらく水を流してから使うよう呼びかけています。