西九州新幹線開業で 並行在来線区間 新たな特急列車運行開始

西九州新幹線の開業にともなって並行在来線となる区間を走る新たな特急列車、「かささぎ」の運行が23日から始まり、始発駅となる佐賀県鹿島市のJR肥前鹿島駅で出発式が行われました。

西九州新幹線の開業にともなって長崎本線の佐賀県江北町と長崎県の諫早の間は23日から並行在来線となり、「かささぎは」このうち肥前鹿島と博多方面を結ぶ新たな特急列車として23日から運行が始まりました。

博多行きの一番列車には、記念乗車をしようという地元の人たちや、福岡や関西方面に向かう観光客などおよそ30人が乗り込みました。

駅では出発式が行われたあと午前6時39分に、地元の人たちが旗を振る中、博多に向けて出発していきました。

並行在来線となる区間の列車の運行は当面、JR九州が継続しますが、肥前鹿島駅を発着する特急は一日に14本と、これまでの3分の1に削減されます。

鹿島市に住む60代の女性は「一番列車を記念するため博多まで乗ってすぐに戻ってくる予定です。肥前鹿島を発着する特急が減るのは残念ですが、これからはなるべく鉄道を利用したいと思います」と話していました。

また、鹿島市に住む50代の女性は、「特急は、これまでは1時間に1本から2本、肥前鹿島駅に停まっていましたが、大幅に本数が減って不便になるので困ります」と話していました。
鹿島市の松尾勝利 市長は「特急列車の本数は大幅に減りますがピンチをチャンスととらえて地域の魅力を発信して鉄道利用者の増加につなげていきたい」と話していました。

並行在来線となる区間では特急の削減に加えてダイヤの変更で乗り換えの回数が増えるなど利便性の低下が指摘されていて、鹿島市や地元の商工団体では利用状況を確認したうえで、JRに対して対策を求めることにしています。