ブルーインパルス 車に染料付着 当時の幹部2人を懲戒処分

航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が去年、東京パラリンピックの開会式の日に、適正な高度を下回る高さでカラースモークを使用し、周辺の車に染料が付着した問題で、航空自衛隊は、飛行計画の作成に関わった当時の幹部2人を、減給と戒告の懲戒処分にしました。

航空自衛隊の「ブルーインパルス」は去年8月、東京パラリンピックの開会式に先だって、都内上空で展示飛行を行ったあと、埼玉県の入間基地に着陸する際、適正とされる高度を大幅に下回る高さでカラースモークを使用しました。

その後、基地周辺の一般の車、およそ1200台に染料が付着しているという連絡が寄せられ、防衛省が、被害の確認と賠償の手続きを進めています。

航空自衛隊によりますと、飛行計画では入間基地上空でスモークを使用する際の高度を細かく定めていなかったということで
▽計画を承認した当時の部隊指揮官の1等空佐を減給
▽計画を立案した当時の編隊長の2等空佐を戒告の懲戒処分にしました。

航空自衛隊トップの井筒俊司航空幕僚長は22日の記者会見で「基地周辺の皆様などにご迷惑とご心配をおかけし、重く受け止めている。事故防止の指導を徹底し、安全な航空機の運用に万全を期したい」と述べました。