”北朝鮮 SLBM搭載できる新潜水艦の進水準備か”衛星写真分析

アメリカの研究グループは、北朝鮮東部の造船所の衛星写真を分析し、北朝鮮がSLBM=潜水艦発射弾道ミサイルを搭載できるとみられる新たな潜水艦の進水準備を進めているとの見方を示しました。

北朝鮮の動向を分析しているアメリカの研究グループ「38ノース」は21日、北朝鮮東部ハムギョン(咸鏡)南道のシンポ(新浦)にある造船所の衛星写真の分析結果を公表しました。

それによりますと、今月18日に撮影された画像から、造船所にある潜水艦の進水が行われる岸壁近くで小型船など6隻が確認され、これまでにはない規模だとしています。

さらに岸壁には、潜水艦を進水させるためだとみられるけん引設備も確認されたとしています。

そのうえで、研究グループは、北朝鮮がSLBM=潜水艦発射弾道ミサイルを搭載できるとみられる新たな潜水艦の進水準備を進めているとの見方を示しました。