KAT-TUN元メンバー 田中聖被告の裁判始まる 起訴内容認める

覚醒剤を使用した罪などに問われている、人気アイドルグループ「KAT-TUN」の元メンバー、田中聖被告の裁判が始まり、被告は起訴内容を認めました。

人気アイドルグループ「KAT-TUN」の元メンバー、田中聖被告(36)は、ことし6月、千葉県柏市で覚醒剤を所持し、使用したとして覚醒剤取締法違反の罪に問われています。

22日、千葉地方裁判所松戸支部で開かれた初公判で、田中被告は「間違いありません」と述べ、起訴された内容を認めました。

冒頭陳述で検察は「別の覚醒剤事件で有罪判決を受けたあと、覚醒剤を使用したくなり、判決の2日後から柏市内の自宅で使用した。その後、家族に見つかるのを防ぐため、自宅から覚醒剤を持って外出したところ、警察の職務質問を受けて所持が発覚した」と述べました。

田中被告は今回の事件で逮捕される9日前に、名古屋地方裁判所から別の覚醒剤事件で執行猶予のついた有罪判決を受けたばかりでした。