熱帯低気圧 あすまでに台風に発達 3連休中 太平洋側に接近へ

日本の南の海上にある熱帯低気圧は23日までに台風に発達し、3連休の期間の23日夜から24日土曜日にかけて西日本から東日本の太平洋側に接近する見込みです。東海や近畿、関東甲信を中心に大雨となるおそれがあり、土砂災害や低い土地の浸水などに警戒が必要です。

気象庁によりますと、日本の南の海上には熱帯低気圧があり、23日午前までに台風に変わって北上したあと、23日の夜から24日土曜日にかけて西日本から東日本の太平洋側にかなり接近する見込みです。

暴風域を伴わず、25日の日曜日の朝までに温帯低気圧に変わると予想されていますが、西日本から北日本の広い範囲に湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定になる見込みです。

これから25日の日曜日にかけて、東海や近畿、関東甲信を中心に雷を伴って激しい雨が降り、特に東海では局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。
23日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽東海で200ミリ、
▽近畿で180ミリ、
▽関東甲信で100ミリと予想され、
さらに24日土曜日の夕方までの24時間には、
▽近畿で100ミリから200ミリ、
▽東海と関東甲信で100ミリから150ミリの雨が降る見込みです。

西日本と東日本の太平洋側では海上を中心に23日から風が強まり、ところによって波が高くなる見込みです。

20日にかけて日本列島を縦断した台風14号の影響で大雨となった地域では地盤が緩んでいるところがあります。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに、強風や高波、落雷、竜巻などの突風に注意するよう呼びかけています。

3連休の期間中、海や山など屋外のレジャーには危険が伴うことがあるほか、交通機関に影響が出る可能性もあり、最新の気象情報を確認するようにしてください。