コンビニ「客 暴れている」通報 警察官発砲 容疑者は重傷 神戸

22日未明、神戸市内のコンビニエンスストアで、「客が暴れている」という通報を受けて駆けつけた警察官が、カッターナイフを振り回しながら向かってきた男の容疑者に拳銃3発を発砲しました。警察によりますと、このうち少なくとも1発が腹にあたり、容疑者は重傷だということです。

22日午前1時45分ごろ、神戸市灘区篠原本町にあるコンビニエンスストアから「客が暴れている」と警察に通報がありました。

警察官3人が現場に駆けつけたところ、40代くらいの男の容疑者がカッターナイフを振り回しながら向かってきたということです。

このため警察官3人のうち43歳の巡査部長が拳銃を構えたうえで、「刃物を捨てろ」などと警告しましたが、応じなかったため、拳銃3発を発砲し、このうち少なくとも1発が腹にあたりました。

警察は公務執行妨害の疑いでその場で逮捕し、容疑者は病院に搬送されましたが、重傷だということです。

警察官にけがはありませんでした。

拳銃の発砲について、兵庫県警察本部第一機動パトロール隊の阿部哲也副隊長は、「刃物を持って警察官に向かってくる犯人を逮捕するために拳銃を使用したもので、詳細は確認中だ」とコメントしています。

現場は阪急六甲駅からおよそ1キロの住宅街です。