バスケットボール女子W杯開幕 パリ五輪出場へ初優勝目指す

バスケットボール女子の世界一を決めるワールドカップが22日、オーストラリアで開幕します。優勝したチームには再来年のパリオリンピックの出場権が与えられることになっていて、東京オリンピックで銀メダルを獲得した日本は、世界の強豪を相手に初優勝を目指します。

オーストラリアのシドニーで22日に開幕するバスケットボール女子のワールドカップは、12チームが6チームずつ、2つのグループリーグに分かれて対戦し、各グループの上位4チームが決勝トーナメントに進出します。

世界ランキング8位の日本は、22日の初戦で、
▽世界37位のマリと対戦し、
その後は、
▽世界10位のセルビア、
▽世界6位のフランス、
▽世界4位のカナダ、
そして、
▽開催国で世界3位のオーストラリアと対戦します。

日本と別のグループには、大会4連覇を目指す世界1位のアメリカなどが入り、優勝チームには、パリオリンピックの出場権が与えられることになっています。

日本は、12人のうち6人を東京オリンピックで銀メダルを獲得したメンバーが占めていて、世界の強豪を相手に初優勝を目指します。

パリオリンピックの出場権がかかる決勝は10月1日に行われ、NHKは日本代表の試合を全試合、生中継します。