西村経済産業相 新型コロナに感染確認 微熱などで自宅療養

経済産業省は、西村経済産業大臣が21日、新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表しました。

経済産業省によりますと、西村大臣は20日夜、微熱の症状が出たため、21日都内の病院でPCR検査を受けたところ、感染が確認されたということです。

現在は微熱などの症状があるため自宅で療養していて、今後は体調次第でリモートで公務にあたるとしています。

経済産業省によりますと、西村大臣は今月13日から19日までドイツやカンボジアに出張していましたが、マスクを着用するなどしていて、これまでのところ同居している家族以外に濃厚接触者にあたる人は確認されていないということです。