違法薬物使用 中毒症状の女性放置し死亡か ベトナム人4人逮捕

ことし5月、東京 文京区で、違法薬物を使用し、急性薬物中毒の症状が出たベトナム人の女性に対し、すぐに救急車を呼ぶなどの措置をとらずに死亡させたとして、知人のベトナム人4人が逮捕されました。「救急車を呼ぶと、薬物を使用していることがばれると思った」などと供述しているということです。

逮捕されたのは、いずれもベトナム国籍で、東京 新宿区のアルバイト、ファム・ティ・ヒエン容疑者(24)ら、合わせて4人です。

警視庁によりますと、4人はことし5月、東京 文京区湯島の飲食店で、知人のベトナム人の23歳の女性とともに違法薬物のMDMAを使用した際、女性に急性薬物中毒の症状が出ながら、すぐに救急車を呼ぶなどの措置をとらずに死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の疑いが持たれています。

薬物の使用後に、女性が激しく暴れたり叫んだりするなどしたため、4人で店の外に連れ出し、女性が舌をかまないよう口の中におしぼりを入れたうえで、病院を探すなどしたということです。

およそ40分後に、飲食店の関係者から救急車を呼ぶように促され「路上で女性が倒れている」などと通報しましたが、救急隊が駆けつけたときには、女性は意識のない状態でまもなく死亡し、その後、4人はその場から立ち去ったということです。

警視庁は、4人の認否を明らかにしていませんが「救急車を呼ぶと、薬物を使用していることがばれると思った」などと供述しているということです。