自民 村上元行政改革相 安倍元首相の「国葬」欠席へ

自民党の村上 元行政改革担当大臣は、安倍元総理大臣の「国葬」を欠席する意向を示しました。
自民党所属の国会議員で欠席が明らかになったのは、村上氏が初めてです。

自民党の村上元行政改革担当大臣は、NHKの取材に対し、来週27日に行われる安倍元総理大臣の「国葬」を欠席する意向を明らかにしました。

欠席の理由として、政府が事前に国会に報告せずに「国葬」の実施を決めたことや、国民の中に実施に反対する声が多いことなどを挙げています。

また、中曽根元総理大臣らについては「国葬」を実施しなかったにもかかわらず、安倍氏に対して「国葬」を実施するのも問題だなどとしています。

自民党所属の国会議員で「国葬」への欠席を明らかにしたのは、村上氏が初めてです。

松野官房長官「国民の理解得られるよう説明尽くす」

松野官房長官は、午後の記者会見で「『国葬儀』について、さまざまな意見があることは承知しているが、政府としては、これまでも総理や私から国会や記者会見などの場を通じて執り行うこととした理由や意義などを丁寧に説明してきているところだ。国民の理解が得られるよう、引き続き、さまざまな場を通じて、しっかりと説明を尽くしていきたい」と述べました。