中国外相 米中関係の改善へ 米経済団体に協力呼びかけ

中国の王毅外相は、訪問先のアメリカで経済団体との会議に出席し、米中関係が悪化する中、対立ではなく対話を通じて懸案に対処する必要があると協力を呼びかけました。台湾情勢などをめぐって、対立が長期化する両国関係の改善に向けた糸口を探りたい思惑があるとみられます。

中国外務省によりますと、王毅外相は19日、訪問先のニューヨークで、両国の貿易促進を目指すアメリカの経済団体などとの会議に出席しました。

この中で王外相は、米中関係の現状について「国交樹立以来の低迷した状態にあり、多くの人が両国が『新冷戦』になることを懸念している」と指摘しました。

そのうえで、両国の経済分野の協力を引き続き強化するという中国の姿勢は明確だとして「対立ではなく対話、脅迫ではなく協議を通じて懸案に対処する必要がある。中国とアメリカが協力することで、両国と世界にとって多くの重要なことを成し遂げられる」と述べ、協力を呼びかけました。

一方で「そのためには『1つの中国』の原則を厳格に守らなければならない」と強調し、アメリカに台湾への関与をやめるよう求めました。

中国としては、台湾情勢などをめぐって対立が長期化する中、関係改善に向けた糸口を探りたい思惑があるとみられます。