冬の長期予報 西~東日本は低温 日本海側は降雪量多い見込み

気象庁の長期予報によりますと、この冬は西日本と東日本を中心に寒気の影響を受けやすく、気温が平年並みか低く、日本海側では降雪量が多くなる見込みです。

気象庁が20日に発表したことし12月から来年2月にかけての冬の長期予報によりますと、南米沖の海面水温が低くなるラニーニャ現象の影響で、上空の偏西風が日本付近で平年より南へ蛇行する見込みです。

このため、東日本と西日本を中心に冬型の気圧配置となって寒気が流れ込みやすく、平均気温は
▽西日本と東日本で「平年並みか低く」なり、
▽北日本と沖縄・奄美で「ほぼ平年並み」になると予想されています。

また降雪量は
▽西日本と東日本の日本海側で「平年並みか多い」と見込んでいるほか、
▽北日本の日本海側で「ほぼ平年並み」としています。

3か月を通しての降水量は、冬型の気圧配置が強いため
▽東日本の日本海側で「平年並みか多い」一方、
▽西日本と東日本の太平洋側では「平年並みか少ない」と予想され、
▽西日本の日本海側と北日本では「ほぼ平年並み」となる見込みです。
気象庁異常気象情報センターの楳田貴郁所長は「この冬も厳しい寒さとなるおそれがある。雪が具体的にどのくらいの量になるかまでは予想できないが、ここ数年、大雪によって交通経路が遮断されて渋滞が起きたり、車の中に何時間も閉じ込められたりするような事態も起きている。最新の気象情報を確認してほしい」と話しています。