メキシコ中西部でM7.6の地震 1人死亡 メキシコ沿岸で津波観測

メキシコ中西部で、日本時間の20日午前3時すぎ、マグニチュード7.6の地震が発生し、これまでに1人が死亡しました。
この地震でメキシコの沿岸では最大で高さ79センチの津波を観測しましたが、アメリカ海洋大気局はその後、津波のおそれはなくなったとしています。

USGS=アメリカの地質調査所によりますと、現地時間の19日午後1時すぎ、日本時間の20日午前3時すぎ、メキシコ中西部ミチョアカン州を震源とするマグニチュード7.6の大きな地震がありました。

メキシコのロペスオブラドール大統領は、自身のツイートで、震源地のミチョアカン州に隣接するコリマ州でショッピングモールの壁が崩落しこれまでに1人が死亡したと明らかにしました。

地元の有力紙によりますと、ミチョアカン州では病院を含む複数の建物に被害が出ているということです。

NOAA=アメリカ海洋大気局は、この地震でメキシコ沿岸に最大で高さ3メートルの津波が発生するおそれがあるとして一時、注意を呼びかけました。

NOAAによりますと、コリマ州やゲレロ州などで津波を観測し、このうちコリマ州では高さ79センチの津波を観測したということですが、その後、津波のおそれはなくなったとして呼びかけを解除しています。

メキシコにある日本大使館によりますと、現地に住む日本人が被害にあったという情報は入っていないということで、引き続き確認を進めるとしています。

現地の映像 商業施設の外壁壊れ 押しつぶされた車も

震源地のミチョアカン州に隣接するコリマ州で撮影された映像では、商業施設の外壁の一部が壊れて下にある駐車場に落下し、車が押しつぶされている様子がわかります。

メキシコのロペスオブラドール大統領は、自身のツイートで、コリマ州でショッピングモールの壁が崩落し、これまでに1人が死亡したと明らかにしていますが、この映像の場所かどうかはわかりません。

また、震源地から400キロ以上離れた首都メキシコシティーで撮影された映像では、会社の事務所の照明が左右に大きく揺れている様子が確認できます。

このほか、信号機が停止し、道路では車が長い列を作り、渋滞している様子も映し出されています。

避難した男性は「地震を感じた同僚もいましたが、私は感じませんでした。トイレにいた同僚はドアが揺れたと言っていました」と話していました。

住民の女性は「地震が起きた時にどのように行動すればよいか私たち市民は訓練を受けていますが、いざ地震が起きると、感情的になってしまいます。人々は恐怖を感じています」と話していました。

メキシコシティーで撮影された映像には

震源地から400キロ以上離れた首都メキシコシティーで撮影された映像では、電線が小刻みに揺れている様子や、地震から避難したとみられる大勢の人たちが通りに出て、スマートフォンで電話したり、不安そうに話をしたりしている姿が確認できます。

また信号機が停止し、道路では車が長い列を作り、渋滞している様子が映し出されています。

避難した男性は「地震を感じた同僚もいましたが、私は感じませんでした。トイレにいた同僚はドアが揺れたと言っていました」と話していました。

気象庁「日本への被害の心配なし」

気象庁によりますと、この地震で日本では多少の潮位の変化があるかもしれませんが、被害の心配はないということです。