サッカー日本代表 W杯強化試合に向け ドイツで活動スタート

サッカーの日本代表は、ワールドカップカタール大会を見据えた強化の一環として、今月下旬にアメリカなどと行う試合に向け、ドイツで活動をスタートさせました。

日本代表は、ことし11月20日に開幕するサッカーのワールドカップカタール大会を見据えて、今月23日にアメリカと、27日にエクアドルとそれぞれ強化試合を行います。

選手たちは19日、試合が行われるドイツ デュッセルドルフで活動をスタートさせました。

練習の前には現地の日本人学校に通う大勢の子どもたちが見学に訪れ、選手たちと一緒に写真を撮影したり、サインをしたりして交流を深めていました。
練習では、キャプテンの吉田麻也選手や、試合が行われるドイツ2部のデュッセルドルフでプレーするミッドフィルダーの田中碧選手などが、ランニングやパス練習といった軽いメニューで汗を流しました。

今回の活動はワールドカップの26人のメンバーを決定する前の最後の活動でもあり、本番に向けてチームの成熟度を高めるのが目的です。

田中選手は「ワールドカップまであまり時間もないので、個人の価値を示さないといけない。競争の中で自分がピッチに立ったときにどういうプレーができるかに集中しながら、チームの勝ちに貢献したい」と話していました。