緊急安全確保 命を守る行動を 山口市 7739世帯1万7582人に

山口市は市内を流れる仁保川が増水し氾濫の危険性が高まっていることから午前7時半に大内地域と仁保下郷の一部の地域に7739世帯、1万7582人に対し「緊急安全確保」を発表しました。

「緊急安全確保」は警戒レベルで最も高いレベル5で、市は少しでも安全な場所で命が助かる可能性の高い行動を取るよう呼びかけています。