天皇陛下 チャールズ国王主催のレセプションに出席

エリザベス女王の国葬に参列するためイギリスを訪れている天皇陛下は、現地時間の18日夕方、チャールズ国王主催のレセプションに出席されました。

天皇陛下は18日午後5時、チャールズ国王が主催するレセプションに出席するため宿泊先となっているロンドンのホテルを出て車に乗り込まれました。

黒いマスク姿で集まった人たちに手を振って応えられていました。

レセプションはバッキンガム宮殿で午後6時から始まり、天皇陛下はマスクを外してオランダのアレキサンダー国王らと談笑しながら宮殿に入られました。

レセプションでは各国の首脳、王族などの出席者とともに過ごし、チャールズ国王やカミラ王妃と直接会話し、弔意を伝えられる機会もあったということです。

レセプションはおよそ1時間で終わり、天皇陛下はいったんホテルに戻ってから午後8時半すぎ、弔問のため、エリザベス女王のひつぎが安置されているウェストミンスターホールに向かわれました。

女王の国葬は19日午前11時、日本時間の19日午後7時からウェストミンスター寺院で行われ、天皇陛下は皇后さまとともに参列されます。