天皇皇后両陛下 イギリスに到着 エリザベス女王の国葬参列で

エリザベス女王の国葬に参列するため日本を出発した天皇皇后両陛下は、現地時間の17日夕方、イギリスに到着されました。19日午前、国葬に参列されることになっています。

両陛下を乗せた政府専用機は、現地時間の17日午後6時20分、ロンドン郊外にあるスタンステッド空港に到着しました。

両陛下とも黒いマスクをつけてタラップを降り、空港の滑走路で出迎えた人たち1人1人とあいさつを交わしたあと、車に乗り込んで宿泊先となっているロンドン中心部のホテルに向かわれました。

ホテルの入り口前の歩道には両陛下の到着前から大勢の人たちが集まり、両陛下は、車を降りてホテルに入る際、手を振って応えられていました。

両陛下は、現地で2泊し、19日午前11時からロンドン中心部にあるウェストミンスター寺院で行われるエリザベス女王の国葬に参列されます。

宮内庁によりますと、皇室とイギリス王室は、古くから親密な関係にあり、天皇陛下も大学院在学中にイギリスのオックスフォード大学に留学するなど交流を深められてきました。

留学中はエリザベス女王にピクニックに招待されたり、一緒にバーベキューを楽しんだりすることもあったということで、天皇陛下は、エリザベス女王が温かい気持ちで親しく接してくれたことを懐かしく思い出し、深く感謝されているということです。