知床半島で男性の遺体発見 沈没事故の不明者か確認へ

ことし4月に起きた観光船の沈没事故の現場に近い北海道・知床半島の海岸で、17日午前、男性の遺体が見つかりました。
警察は沈没事故の行方不明者の可能性もあるとみて、DNA鑑定などを行って確認を進めることにしています。

第1管区海上保安本部によりますと、17日午前11時半ごろ、知床半島の海岸で、ボランティアで捜索を行っていた漁業の男性から「男性とみられる遺体を見つけた」と通報があり、海上保安本部が遺体を収容して警察に引き渡しました。

警察によりますと遺体は男性で、知床岬に近い啓吉湾の海岸で半ズボンをはいた状態で見つかったということです。

また、啓吉湾の海岸と近くにある文吉湾の海岸では骨のかけらがひとつずつ見つかったということです。

ことし4月に知床半島の沖合で起きた観光船「KAZU 1」(かず・わん/19トン)の沈没事故では、これまでに18人の死亡が確認され、8人が行方不明になっています。

海上保安本部などによりますと、遺体が見つかった海岸は事故現場から10キロあまり離れているということです。

警察は沈没事故の行方不明者の可能性もあるとみて、DNA鑑定などを行って確認を進めることにしています。