エリザベス女王 国葬まで3日 ロンドン中心部の警備 一層厳重に

各国から大勢の要人や王族の参列が見込まれるエリザベス女王の国葬を3日後に控え、ロンドン中心部のウェストミンスター寺院周辺では警備態勢がより一層厳重になっています。

今月8日に死去したイギリスのエリザベス女王の国葬は、今月19日にロンドンのウェストミンスター寺院で行われます。

国葬を3日後に控えた16日朝、ウェストミンスター寺院周辺ではバリケードが設けられ、寺院の前は車両が通行止めとなり、大勢の警察官が警戒に当たっていました。

公共放送BBCは、エリザベス女王の国葬には、各国からおよそ500人の要人や王族の参列が見込まれるとしています。

このため13日夜からは、およそ1500人の軍関係者が配備されているほか、連日1万人の警察官が動員される見込みだということで、警備の規模は2012年のロンドンオリンピックに匹敵し、過去最大規模になると指摘しています。

こうした中、16日午前には、ウェストミンスター寺院から徒歩20分ほどの場所で警察官2人が刺され、けがをする事件が起きました。

警察は、テロの可能性はないとしていますが、この事件を受けて、警備は一層強化されるものとみられます。

国葬当日の流れ

イギリス王室は、エリザベス女王の国葬が行われる今月19日の流れを発表しました。

それによりますと、エリザベス女王のひつぎが安置されているロンドンのウェストミンスターホールでの一般の人による弔問は、19日の日本時間午後2時半に終了します。

ひつぎは、午後6時35分すぎ、ウェストミンスターホールから外に待機している、大砲をのせるための海軍の「砲車」に運ばれます。

ひつぎを載せた砲車は、午後6時44分に出発し、国葬が行われるウェストミンスター寺院に向かいます。

砲車を引いて運ぶのは142人の海軍兵士です。

この砲車を含めた葬列は、イギリス空軍などの200人で構成された音楽隊が先導し、ひつぎのすぐ後ろには、チャールズ国王やウィリアム皇太子などが続きます。

葬列は、午後6時52分、ウェストミンスター寺院の西門に到着し、ひつぎは寺院の中に運び込まれます。

国葬は午後7時から行われます。

一方、各国から訪れる元首などは、まずロンドン市内の別の場所に集まり、まとまってウェストミンスター寺院に移動し国葬に参列することになっています。

国葬は、およそ1時間にわたって行われます。

イギリス国教会の最高位の聖職者であるカンタベリー大主教の説教などが午後7時55分ごろまで続きます。

そのあと、イギリス全土で2分間の黙とうがささげられます。

国葬のあと、ひつぎはチャールズ国王やウィリアム皇太子らに伴われてロンドン郊外にあるウィンザー城に向かいます。

そして城の敷地内にあるセントジョージ礼拝堂に運ばれ、夫のフィリップ殿下も眠る一角に埋葬されます。

チャールズ国王についての最新の世論調査は…

大手調査会社ユーガブが今月13日に発表した最新の世論調査の結果では、チャールズ国王について「国王として良い仕事をする」と「どちらかと言えば良い仕事をする」と答えた人は合わせて63%で、「どちらかと言えば悪い仕事をする」と「悪い仕事をする」と答えた人を合わせた15%を大きく上回りました。

これまでの調査では、2019年以降、「良い国王になる」と「良い国王にならない」がきっ抗していて、前回のことし5月の調査では「良い国王になる」と答えた人は32%にとどまっていましたが、即位したあとの調査では、チャールズ国王に対する支持が大きく伸びています。

国王に即位した後の演説を見たり聞いたりした人は回答者の5人に3人にのぼり、その94%が良い演説だったと評価しています。

さらに、エリザベス女王の死去に際して、チャールズ国王が「良いリーダーシップを発揮した」と答えた人は73%にのぼっています。

各国の元首など自家用車移動認められずバスに

イギリスの有力紙ガーディアンによりますと、女王の国葬に参列する各国の元首などは、自家用車での移動が認められず、ロンドン市内の別の場所に集まったあとバスでまとまってウェストミンスター寺院に向かいます。

イギリス政府は、すでに各国に向けてこの指針を通知していて、配偶者以外の家族や同行するスタッフなどは会場への入場ができないということです。

また、ロンドンにあるヒースロー空港の混雑を避けるため、「可能であれば国葬、または出席する最初のイベントの遅くとも一日前に到着するようにしてほしい」としているほか、民間の航空機の利用を求めていて、難しい場合は、ロンドン市内の別の空港を利用する必要があるとしています。