日中国交正常化50年を前に会合 民間交流の拡大呼びかけへ

日本と中国の国交正常化から50年となるのを前に、双方の友好団体などによるオンラインの会合が開かれ、新型コロナウイルスの影響などで機会が減っている民間交流の拡大に向けて日中双方で呼びかけていくことを確認しました。

この会合は、今月29日で日中国交正常化から50年となるのを前に、日本側の友好団体、日中友好協会と中国側の中国日本友好協会などが開催しました。

この中で、中国駐在の大使も務めた日中友好協会の丹羽宇一郎会長は「この50年の潮流に逆行することなく、難しい時代であるが力を合わせて平和と友好のために進む努力が必要だ」とあいさつしました。

また、中国の程永華前大使は「双方はさらに多くの民間交流の基盤を構築し、文化や教育、科学技術、地方、青少年などさまざまな分野の友好交流を展開すべきだ」と述べ、日中間の民間交流の重要性を強調しました。

日中間では新型コロナウイルスの影響で民間交流の機会が減っていることに加え、沖縄県の尖閣諸島や台湾情勢をめぐって日中関係は厳しさを増しています。

会合では「各分野における民間交流を引き続き力強く推進していくことを提言する」などとした共同文書を取りまとめ、交流拡大に向けて日中双方で呼びかけていくことを確認しました。