内閣支持率低下 自民 二階元幹事長“思い切った政策を”

自民党の二階元幹事長は、各種の世論調査で岸田内閣の支持率が低下していることについて「安全運転だけでは国民はもの足りない」と指摘し、思い切った政策を打ち出していくべきだという考えを示しました。

自民党の二階元幹事長は、TBSのCS番組「国会トークフロントライン」の収録で「岸田内閣の支持率が低下していることは、緊張感を持って政権運営にあたれという天の声だ。初歩の段階は支持されたと思うが、安全運転だけでは国民はもの足りない」と述べ、岸田内閣は思い切った政策を打ち出していくべきだという考えを示しました。

一方、安倍元総理大臣の「国葬」の実施をめぐって世論の賛否が分かれていることについて「『国葬にしましょう』という声が上がってくるのを待つというテクニックがあってもよかったが、長年務めた総理大臣が亡くなったのだから、国葬がどうだこうだという議論はすべきではない」と述べました。

そのうえで、立憲民主党の執行部などが「国葬」を欠席する方針を決めたことについて「欠席する人はのちのち、反省するだろう。欠席して存在感を示そうということだと思うが、世の中に『あまり賢くない』と印象づけるだけだ」と批判しました。

立民 泉代表「ずれた認識 理解できない」

立憲民主党の泉代表は、記者会見で「二階氏のずれた認識はどこからくるのか全く理解できない。『あまり賢くない』という発言は『国葬』に疑問や違和感、反発を持っている人たちに向けたひどいことばだ。欠席は、国民の中に広くある一つの見解だ」と述べました。