旧暦9月15日の「関ケ原の戦い」にちなみ現地で特別ツアー 岐阜

天下分け目の「関ケ原の戦い」が行われた旧暦の9月15日にちなんで、岐阜県関ケ原町で、のろしや鉄砲隊の演武を見学する、特別ツアーが開かれました。

「関ケ原の戦い」は、いまからおよそ420年前、1600年の旧暦9月15日に繰り広げられました。

15日は、当時の雰囲気を感じてもらおうという特別ツアーが開かれ、岐阜県や愛知県などから30人余りが参加しました。

関ケ原の戦いが始まったとされる午前8時になると、ホラ貝が鳴り響き、参加者たちは「岐阜関ケ原古戦場記念館」の展望室で、徳川家康が率いた東軍が、陣を構えた山から開戦を知らせるのろしがあがる様子を見学しました。

このあと移動して間近でのろしを見たあと、地元の鉄砲隊による演武を見学しました。

参加者たちは、当時の武士になりきって、のろしをあげるためにまきをくべたり、鉄砲を撃つ疑似体験ができる仕掛けを体験したりして、合戦当時にタイムスリップしたかのようなツアーを楽しんでいました。

参加した女性は「学生のころから通うほど関ケ原が好きですが、はじめて、のろしを上げたり、鉄砲隊の演武を見たりすることができて感無量です」と話していました。

関ケ原観光協会の西脇哲郎専務理事は「かっちゅうを着ることもできます。関ケ原に何度も足を運んで肌で歴史を感じていただきたい」と話していました。