【気象予報士解説】台風14号“広い範囲で大雨・暴風のおそれ”

大型で非常に強い台風14号は勢力を維持したまま、17日にかけて沖縄・奄美に接近し、18日の日曜日には九州にかなり近づく見込みです。
気象庁は暴風や高波、土砂災害などに警戒するとともに特に沖縄・奄美や九州、四国では雨や風が強まる前に備えを終えるよう呼びかけています。
3連休の期間を中心に東日本と北日本を含む広い範囲に影響が出るおそれがあり、そのほかの地域でも早めの備えを進めてください。

今後の台風の進路や注意点について、晴山紋音 気象予報士の解説です。

(動画は1分30秒です。データ放送ではご覧になれません)