成田空港 滑走路新設による利用客増に対応 旅客施設集約構想

3本目の滑走路を新設する計画が進む成田空港について、成田空港会社は利用客の大幅な増加を見込んで利便性や効率性を高めるため、現在3つある旅客ターミナルを1つのターミナルに集約する構想を示しました。

成田空港では3本目のC滑走路を新設するとともに、B滑走路を延伸する計画が2029年3月末を目指して進められていて、これに伴って利用客の大幅な増加が見込まれています。

こうした中、旅客ターミナルの再構築や交通アクセスなどの今後の在り方について、空港会社や自治体などが意見を交わす会議が14日、千葉県庁で開かれ、成田空港会社の田村明比古社長や千葉県の熊谷知事のほか、成田市や富里市など空港周辺自治体の市長らが出席しました。

会議は非公開で行われましたが、終了後取材に応じた田村社長は今後の空港の在り方について、現在3つある旅客ターミナルを再構築して1つのターミナルに集約し、利便性や効率性を高めることや、物流機能を集約した新貨物地区を整備すること、それに都心との交通アクセスを向上することなどを盛り込んだ構想の概要を示したことを明らかにしました。

空港会社は今後、周辺自治体や国、有識者を交えた検討会議を立ち上げて議論を重ね、今年度内に中間報告をまとめることにしています。