大相撲 宇良が幕内で20年ぶり「伝え反り」 【動画あり】

大相撲秋場所4日目、平幕の宇良が幕内では20年ぶりとなる「伝え反り」で宝富士を破りました。
(※珍しい決まり手の一番 動画でもご覧いただけます)

「伝え反り」は、相手のわきの下をくぐり抜けながら体を後ろにそらせて相手を倒す技です。

14日の秋場所4日目の幕内の取組で、前頭3枚目の宇良が前頭5枚目の宝富士と対戦し「伝え反り」を決めて白星を挙げました。

幕内で「伝え反り」が決まったのは、平成14年秋場所の3日目に当時、大関の朝青龍が貴ノ浪を破った相撲以来20年ぶりです。

過去にも「たすき反り」や「腰投げ」など珍しい決まり手でファンを沸かせてきた宇良は「過去に自分が出していなかったということですね。朝青龍関以来というのはうれしい」と話しました。

八角理事長「伝え反りは度胸ある」

日本相撲協会の八角理事長は、宇良が幕内で20年ぶりとなる「伝え反り」を決めて勝った一番について「稽古場でもやったことがないだろうし、度胸がある。お客さんが喜んでいいんじゃないか」と話していました。