台風14号 16日から沖縄 奄美に接近 3連休は広い範囲に影響も

大型の台風14号は16日から17日にかけて沖縄・奄美に接近したあと、18日の日曜日には強い勢力で九州など西日本にかなり近づく見込みで、暴風や大雨に警戒が必要です。17日からの3連休の期間を中心に東日本と北日本を含む広い範囲に影響が出るおそれもあります。風や雨が強まる前に早めの備えを進めてください。

台風は沖縄・奄美接近後18日には西日本接近へ

気象庁によりますと、大型の台風14号は、午後6時には日本の南の海上を1時間に15キロの速さで西へ進んでいます。

中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで中心から半径110キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風はこのあと強い勢力に発達して、16日から17日にかけて沖縄県の大東島地方や鹿児島県の奄美地方に接近したあと、18日の日曜日には九州など西日本にかなり近づく見込みです。

その後、来週20日の火曜日ごろにかけて東日本や北日本に進み、広い範囲で影響が出るおそれがあります。

沖縄・奄美で猛烈な風 海上は猛烈なしけも

沖縄県では16日から非常に強い風が吹き、17日には沖縄・奄美で猛烈な風が吹く見込みです。

17日にかけての最大風速は
▽九州南部と奄美地方で30メートルから40メートル
▽沖縄県で25メートルから29メートル

最大瞬間風速は
▽九州南部と奄美地方で40メートルから60メートル
▽沖縄県で35メートルから45メートルに達すると予想されています。

台風14号は強風域の半径が500キロを超える「大型」の台風で、台風の中心から離れた場所でも風が強まるおそれがあります。

また、九州南部と沖縄・奄美の海上は猛烈なしけとなり、17日の波の高さは10メートルと予想されています。

台風接近前から大雨に

西日本の太平洋側では台風周辺の湿った空気が流れ込むため、台風の接近前から雨が強まる見込みです。

特に九州南部では、17日から大気の状態が非常に不安定になり、局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降り、大雨になるおそれがあります。

17日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽九州南部と奄美地方で100ミリから200ミリ
▽沖縄県で100ミリから150ミリと予想されています。

その後、台風の接近に伴って西日本を中心に広い範囲で大雨となるおそれもあります。

気象庁は、暴風や高波、大雨による土砂災害、低い土地の浸水、川の増水に警戒するよう呼びかけています。

3連休の交通機関などに影響のおそれも

台風の接近が3連休の期間と重なる中、広い範囲で暴風や大雨となり、交通機関などに影響が出るおそれもあります。

余裕を持って安全な場所に移動できるよう、スケジュールの見直しも視野に最新の気象情報を確認することが大切です。

台風の影響が予想される地域では風や雨が強まる前に▽風で物が飛ばされないように建物の中に入れたり、▽ハザードマップで身の回りの災害のリスクや避難場所を確認したりするなど早めの備えを進めるようにしてください。

交通影響

台風14号の接近にともないJR西日本は、山陽新幹線について18日の日曜日の夜から19日 月曜日の夜にかけて運転を取りやめる可能性があると発表しました。
またJR九州は、17日 土曜日から19日にかけて、九州の各地で列車の大幅な遅れや運休のおそれがあるとしています。

JR各社は最新の運行情報を確認するよう呼びかけています。
【航空便】
琉球エアコミューターは、17日の那覇と南大東や北大東を結ぶ合わせて5便の欠航を決めました。
【船舶】
「マリックスライン」は、フェリー「クイーンコーラルプラス」の15日に鹿児島から那覇に向かう便と、17日に那覇から鹿児島に向かう便の欠航を決めました。