台風14号が発生 今後の台風の情報に注意を

14日朝早く、日本の南の海上で台風14号が発生しました。
今後、沖縄や九州南部、四国などに接近するおそれがあり、気象庁は、今後の台風の情報に注意するよう呼びかけています。

気象庁の観測によりますと、14日午前3時、日本の南の海上で熱帯低気圧が台風14号に変わりました。

中心の気圧は、996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで中心から半径390キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風はゆっくりとした速さで東北東へ進んでいて、今後、発達しながら北西へと進む見込みです。

進路の予想にはまだ幅がありますが、今月17日以降、沖縄や九州南部、四国などに近づき、影響が出るおそれもあります。

今後の台風の情報に注意してください。