政府の「こども大綱」策定に向けた有識者会議始まる

政府の子ども政策をめぐって、基本的な方針などを定める「こども大綱」の策定に向けた議論が政府の有識者会議で始まり、小倉少子化担当大臣は、来年秋ごろの策定を目指して検討を急ぐ考えを示しました。

政府は、子ども政策に関する基本的な方針や重要事項を定める「こども大綱」を策定することにしていて、13日から有識者会議で議論が始まりました。

この中で小倉少子化担当大臣は「大綱の策定にあたっては、さまざまな方々の声に耳を傾けながら十分な検討をしていきたい」と述べました。

このあと会議では、出席者から「保育の質を担保するために、不足している教員や児童相談所の職員などの人材を確保することが必要だ」といった意見や「幼稚園や保育園などに通っていない未就園児を支援する政策が必要だ」といった指摘などが出されました。

会議のあと、小倉大臣は記者団に対し「子ども政策を大きく前に進めるためには、いろいろな人が当事者意識を持って国民運動として政策を前に進める意識を持ってもらわなければならない」と述べ、来年秋ごろの策定を目指して検討を急ぐ考えを示しました。