ツイッターが臨時株主総会 マスク氏の買収計画を承認

アメリカのソーシャルメディア大手、ツイッターは、13日、オンラインで臨時の株主総会を開き、起業家のイーロン・マスク氏と合意した買収計画が株主の過半数の賛成で承認されました。ただ、マスク氏は、買収計画を一方的に撤回していて、買収が進むのかどうか今後、法廷の場で争われることになります。

ツイッターは13日、オンラインで臨時の株主総会を開き、起業家でアメリカの電気自動車メーカー、テスラのCEO、イーロン・マスク氏とことし4月に合意した、総額440億ドルの買収計画に関する議案を諮りました。

暫定的な集計の結果、株主の過半数の賛成で、買収計画が承認されました。

ツイッターがマスク氏と合意した契約では、買収が承認された場合、株主には、ツイッターの現在の株価を大きく上回る、1株あたり54ドル20セントの現金を受け取る権利が生じ、株主にとって最善だとして、ツイッターの取締役会は、賛成票を投じるよう勧めていました。

ただ、この買収計画をめぐっては、マスク氏が、企業価値の算定に関わるツイッターの偽のアカウントの数が全体の5%未満だという会社側の説明が正しいかどうか確認できないとして、買収計画を一方的に撤回し、会社側との訴訟に発展していて、計画どおりに買収が進むのかどうか今後、法廷の場で争われることになります。

専門家 “ツイッター側は買収計画を諦めることはできない”

ツイッターと起業家のイーロン・マスク氏との間で合意した買収計画が、株主総会で、株主の過半数の賛成で承認されたことについて、会社法に詳しいワシントン・アンド・リー大学法科大学院のカーリス・チャットマン准教授は「株主が買収の実現を望んでいることが明確になった。買収計画が履行できなければ会社が株主に訴えられるリスクもあり、ツイッター側は、途中で計画を諦めることはできない」と指摘しました。

そのうえで、10月から始まる裁判について、マスク氏が偽のアカウントの数がツイッターの説明より多いと主張する根拠となるデータは今のところ示されていないとして裁判はツイッター側に有利に進むという見方を示したうえで「裁判官は株主や市場のためにもこの裁判を早く決着させたい意向とみられ、審理が終わりしだい、早ければ2週間以内に、遅くとも1か月以内には判決が出るだろう」と指摘しました。