通園バス園児死亡事件 こども園の理事長が辞任

静岡県牧之原市の認定こども園で、3歳の女の子が通園バスの車内に取り残され熱中症で死亡した事件で、こども園の理事長が今月8日付けで辞任していたことが代理人の弁護士への取材でわかりました。

牧之原市にある認定こども園「川崎幼稚園」では、今月5日、3歳の女の子が通園バスの車内におよそ5時間にわたって取り残され、熱中症で死亡しました。

今月7日にこども園が開いた記者会見で、バスを運転していた増田立義理事長は、事件の責任を取って後任が決まりしだい辞任する意向を示していましたが、この翌日の今月8日付けで辞任していたことが代理人の弁護士への取材でわかりました。

これについて、弁護士は「みずからの過失で重大な事態を招いたという自責の念から当初の予定より早く辞任することになった。後任が決まるまでの間は副園長とともに保護者への説明会などの調整を行っていく」と話しています。
一方、こども園には167人の園児が在籍していますが、事件のあと休園の状態が続いていて、牧之原市によりますと、保育園部門の103人のうち78人については、12日までに市内の3つの保育園で受け入れを始めたということです。

また、市は、幼稚園部門64人のうち40人について、14日以降、市内の1つの施設で受け入れられる態勢を整えたということで、現在、保護者に意向を確認しているということです。