自民 梶山幹事長代行 “旧統一教会 追加報告公表は内容見て”

自民党の梶山幹事長代行は、記者会見で「旧統一教会との接点については国会議員本人や事務所に記録や記憶がなく、党からの確認依頼の段階で十分にできなかったというケースは起こりうると考えている。追加報告の事実があれば、その時点で、適宜、報告をいただく」と述べました。

そのうえで、追加で報告された内容を党として改めて公表する考えがあるか問われ「内容がどの程度のものかを見ながら、方向性を出していきたい」と述べました。