彦根城 夜間特別公開が開始 中秋の名月眺める 滋賀 彦根

滋賀県彦根市にある国宝・彦根城で夜間の特別公開が始まり、訪れた人たちは、ふだん見ることができない夜の城内を楽しみました。

この特別公開は、彦根城運営管理センターが毎年行っているもので、10日は午後5時の一般公開を終えた後、午後6時から8時半まで天守の内部や天守前の広場など、一部の区域が公開されました。

400年前の彦根城を体感してもらおうと、天守までの道のりはほとんど明かりをつけておらず、訪れた人たちは懐中電灯などを手に15分ほどかけて急な山道をゆっくりと登り天守に到着しました。

そして、日が沈んだ午後7時すぎには、雲の間から満月となった中秋の名月が顔を出し、天守にいた人たちは写真を撮ったり静かに月を眺めたりしていました。

10回以上、彦根城に来ているという東京の男性は「もともと好きだった彦根城で中秋の名月も見ることができてラッキーでした」とうれしそうに話していました。

彦根城の夜間特別公開は12月10日まで、週末を中心に行われます。