デフリンピック 2025年に東京で開催決定 日本開催は初

4年に1度開かれる聴覚障害のある人たちのスポーツの国際大会「デフリンピック」2025年夏の大会が、東京で開催されることが決まりました。日本での開催は初めてとなります。

これは、国際ろう者スポーツ委員会が10日、オーストリアのウィーンで開いた総会で決まったものです。

全日本ろうあ連盟は東京オリンピック・パラリンピックのレガシーを生かし、東京を中心に福島県や静岡県の競技会場を活用した開催を提案し、立候補していました。

計画案によりますと、開催は2025年の11月15日から26日までの12日間で、世界のおよそ80の国と地域から5000人から6000人ほどの選手団の参加を見込んでいます。

デフリンピックが日本で開催されるのは初めてとなります。

ことし5月に開かれた夏のブラジル大会では日本選手団の一部に新型コロナの感染が確認され、途中で出場を辞退しましたが、過去最多となる30個のメダルを獲得しました。

全日本ろうあ連盟の石野富志三郎理事長は「開催地に選ばれたことを誇りに思います。100年近くの歴史を持つデフリンピックを日本で初めて開催することは障害のある人とない人とのコミュニケーションや情報バリアフリーを推進し、“誰1人取り残さない”世界の実現へさらなる前進となるものです」とコメントしています。