旧統一教会 “自民は関係断つよう徹底を” 公明 石井幹事長

旧統一教会との関係をめぐり、自民党が所属する国会議員の半数近くで何らかの接点があったと公表したことについて、公明党の石井幹事長は記者会見で、自民党は社会的に問題が指摘される団体との関係を断つよう徹底することが必要だという認識を示しました。

自民党は8日、所属する国会議員379人のうち半数近くにあたる179人が旧統一教会と何らかの接点があったなどとする調査結果を公表しました。

これについて、公明党の石井幹事長は記者会見で「岸田総理大臣も茂木幹事長も『重く受け止め、今後、社会的に問題が指摘されている団体との関係は断つ』と言っている。しっかり徹底していただきたい」と述べました。

そのうえで、衆参両院の議長や安倍元総理大臣が調査の対象外となっていたことについて「衆参両院の議長は、みずからしっかりと点検されるということではないか。安倍元総理大臣については、本人が亡くなられているので限界はある」と述べました。