日銀 黒田総裁 岸田首相と会談 “最近の円安は急激な変化”

外国為替市場で円安が加速する中、日銀の黒田総裁が9日、総理大臣官邸を訪れて岸田総理大臣と会談しました。会談後、黒田総裁は「一日に2円も3円も動くのは急激な変化だと思う」と述べ、最近の円安の動きは急激な変化にあたるという認識を示しました。

日銀の黒田総裁は、9日昼前から岸田総理大臣と総理大臣官邸で会談しました。

会談後、黒田総裁は最近の金融・資本市場の動向について定期的な説明を行ったと述べたうえで「為替市場の動向についても話をした。岸田総理からは特別な指示や要望はなかった」と述べました。

そのうえで、このところの外国為替市場の動向について「水準や市場の動きについてコメントするのは差し控えるが、急激な為替レートの変動は企業の経営方針を不安定にし、将来の不確実性を高めるという意味で好ましくないと思っている。為替市場の動向は十分、今後も注視していく」と述べました。

そのうえで、「一日に2円も3円も動くのは急激な変化だと思う」と述べ、最近の円安については急激な変化だという認識を示しました。

日銀の黒田総裁が岸田総理大臣と会談するのはことし6月以来、およそ3か月ぶりです。