山上容疑者の伯父 NHKインタビュー「徹也は非情さ感じ怒りで」

安倍元総理大臣の銃撃事件から2か月。この事件で殺人の疑いで捜査が進められている山上徹也容疑者(41)は、母親が多額の献金をしていた旧統一教会に恨みを募らせ、団体と近しい関係にあると思った安倍元総理大臣を狙ったとみられています。その背景が、容疑者の伯父や関係者の証言からさらに明らかになってきました。

伯父 NHKのインタビューで語ったことは

奈良市で演説をしていた安倍元総理大臣が銃で撃たれて死亡した事件から2か月となるのを前に、逮捕された山上容疑者の伯父が自宅でNHKのインタビューに応じました。


(記者)
「山上容疑者を知る立場として、なぜこの事件は起きたと考えますか」

(伯父)
「兄の葬式の時に徹也が遺体に覆いかぶさって大泣きしたと親戚から聞いている。これが今回の事件の1番のおおもとだと思う」

(記者)
「容疑者の兄が亡くなったことが、事件につながるというのはどういうことですか?」

(伯父)
「旧統一教会は母親の多額の献金によって結果的に、生活ができないほど困窮状態に追い込んだでしょ。旧統一教会がそれを知っていたのに手を差し伸べなかった。兄貴をそこまで追い詰めた非情さ。徹也は非情さを感じて怒りを募らせたと思う」

(記者)
「容疑者の家庭はどれくらい困窮していたんでしょうか」

(伯父)
「平成16年に(容疑者の)兄から私のところへ電話があったんです。SOSのね。母親が信仰のために韓国に行って帰ってこないと。食べ物が尽きたと。電気代も払っていないと。こういう電話があったんですね。私と妻がおすしと缶詰と10万円を持ってとんでいったら、確かに冷蔵庫も空っぽやし、台所は洗い物が積んであるしと、そんな状況やったんです」

(記者)
「容疑者もその状況は知っているか?」

(伯父)
「当時は、離れて暮らしていたけれど、その年度の正月に知ったんだと思います。兄貴とか妹も生活ができないんで、(容疑者が)自分の生命保険金によって、助けてやりたいなと。こういうことですよね。わざわざ生命保険金の受け取りを兄貴と妹に変えてね。それで平成17年に自殺を図ったと。兄は病気だったし、徹也は妹の父親みたいだったからね」

伯父「献金の全貌が明らかにならない」

(記者)
「旧統一教会から、母親の献金について、返金もあったようですが」

(伯父)
「私が旧統一教会に「献金の内容を明らかにしたい」というファックスを送ったわけですよ。「献金については検討しておりますから」とこう言われたね。その後にボーンと30万円とか40万円持って来たわけですよ。平成17年から平成21年までに合計2000万円。そこから平成25年までに合計3000万円。「一応、合計5000万円返したので、これで終わりです」というようなことを言っていたんですよね。向こうが5000万円で勘弁してくださいと言うたんで、献金の全貌が明らかにならんわけですよ」

(記者)
「ただ、その後に容疑者の兄は自殺してしまったということですね?」

(伯父)
「妹も仕事で家を出たので、(教会からの)返金が終わったら、そのあと家の収入はなくなるわけですよ。それで平成27年に兄から「病院に行きたいからついてきてくれ」と電話があったんです。これはお金がないから頼ってきたんだとすぐにわかった。でもその時、私も病気の治療のあとで寝込んでいたから勘弁してくれと言った。兄の病状がかなり悪化したんですよ。もうどうしようもなくて平成27年に飛び降りたんですよ」

(記者)
「いま容疑者は刑事責任能力を調べる精神鑑定が行われていますが、こういった背景を考慮するよう求めるのか?」

(伯父)
「徹也は精神的にもしっかりして考えを持っていると思う。刑を軽くしてほしいとかは思わないが、司法の判断に任せたい」

旧統一教会の元幹部も証言

容疑者の母親が通っていた旧統一教会の奈良市内の教会で、平成17年まで教会長を務めていた男性が事件から2か月になるのを前に、NHKの取材に応じました。

この元幹部は現在も教会の信者で、山上容疑者やその家族と20年以上にわたって関わっていて、事件後は、容疑者の母親や妹の代理人を務めているとしています。

この元幹部によりますと、事件の1年余り前の2021年5月、山上容疑者から、旧統一教会への恨みなどが書かれたメールが届いたということです。
手前が記者/茶色の服の男性が元幹部

(元幹部)
「直接的に書いているわけではないが、統一教会を恨んでいるのなら、一緒に恨みを晴らしましょうと感じさせる内容だった」

容疑者が投稿していたとみられるSNSには、この直後に、元幹部に宛てたとみられる投稿があり、「今回連絡してみようと思ったのは、あなたも統一教会を憎んでいるだろうと思ったからです。憎んでいるならさぞかし深く深く憎んでおられるだろうと。統一教会を許せないという気持ちがあるならどうか連絡してください」などと書かれていました。

しかし、元幹部がメールに気がついたのは事件のあとだったということです。
(元幹部)
「そのときに気づいていれば自分なりに対応できたかもしれない。そうすれば今回のような事件は起きなかっただろう。申し訳ない気持ちでいっぱいだ」

元幹部などによりますと、容疑者の母親は平成3年に旧統一教会に入信し、父親の死亡保険金のほか、祖父から相続された会社事務所の土地、当時の自宅の土地を売却してあわせて1億円を教会に献金したということです。

容疑者は平成14年から3年間、海上自衛隊に勤務しましたが、平成17年に自殺を図っていて、元幹部によりますと容疑者は当時、困窮していた兄と妹に自分の死亡保険金を渡そうと思ったなどと、話していたということです。

元幹部は、一家の窮状を見かねて平成21年に教会に掛け合い、献金した1億円のうち、あわせて5000万円を返金することで合意したということです。

しかし、その後の平成27年には容疑者の兄が自殺したといいます。

元幹部は「生い立ちを考えると、容疑者は旧統一教会が社会悪だということを心底信じて、自分の人生をかけてそれを成敗するために悩んでいたのではないか。教会が悪いということをどこかで確信したのだろう。『なぜ自分がこれほど苦しめられないといけないのか』という思いを募らせていたのではないか」と話しました。

元幹部は警察と検察の事情聴取に応じ、容疑者とのメールのやり取りや母親の献金額、それに献金のいきさつなどについて説明したということです。