楽天モバイル通信障害 “重大事故” 緊急通報もできず 総務省

4日発生した楽天モバイルの通信障害について総務省は電気通信事業法上の重大な事故に該当するとして、今後、会社からの詳細な報告を踏まえて適切な対応をとる方針を明らかにしました。

楽天モバイルでは、4日の午前11時前から、およそ2時間半にわたって携帯電話の通話やデータ通信が利用しづらくなり、全国でおよそ130万回線に影響が出ました。

総務省によりますと、119番や110番などの緊急通報もつながらなかったということです。

この通信障害について、寺田総務大臣は6日の閣議後の記者会見で「電気通信事業法上の重大な事故に該当するものと認識している」と述べ、今後、会社から事故原因などの詳細な報告を受けたうえで、適切な対応をとる考えを示しました。

また、障害が発生した際の利用者への情報提供について、寺田総務大臣は「迅速な周知広報が必要だったにもかかわらず、大変遅れたということも誠に遺憾だ」と述べました。