台風11号 日本海を速度を上げて北上 暴風や高波に警戒

大型で強い台風11号は日本海を速度を上げて北上しています。このあと温帯低気圧に変わるものの北海道を中心に7日にかけて風が強まる見込みで、引き続き暴風や高波に警戒が必要です。

台風影響で北海道で風強まる

気象庁によりますと、大型で強い台風11号は、6日昼前にかけて対馬海峡や山陰沖を通過したあと午後3時には日本海を1時間に80キロの速さで北北東へ進んでいます。

中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径150キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

北日本から西日本の日本海側を中心に強風域に入り、北陸では風が強い状態が続いているほか、北海道でもところによって風が強まり始めています。

広範囲で風強まる

台風は6日夜、温帯低気圧に変わるものの、北海道では7日にかけて非常に強い風が吹く見込みです。

7日にかけての▼最大風速は▽北海道で25メートル、▽北陸で23メートル、
▼最大瞬間風速は▽北海道と北陸で35メートルと予想されています。

また、北日本や北陸では波の高い状態が続き、北海道では7日にかけて6メートルの大しけとなる見込みです。
さらに南からの湿った空気の影響で、▼西日本では6日を中心に▼東日本では7日にかけて大気の不安定な状態が続き、局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれがあります。

7日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで▽近畿で150ミリ、▽東海で100ミリと予想されています。

気象庁は、引き続き暴風や高波に警戒するとともに土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、落雷、それに竜巻などの激しい突風に十分注意するよう呼びかけています。