将棋 王位戦第5局 防衛かかる藤井五冠の「封じ手」で初日終了

将棋の八大タイトルの1つ「王位戦」の第5局が静岡県で始まり、今年度3つ目のタイトル防衛がかかる藤井聡太五冠(20)が「封じ手」を行い、初日の対局を終えました。

「王位戦」七番勝負の第5局は、静岡県牧之原市の寺が会場で、午前9時、挑戦者の豊島将之九段(32)の先手で対局が始まりました。

序盤早々に大駒の「角」を交換したあと、互いに自陣深くに飛車を据えて陣形を整え、出方をうかがう局面が続きました。

そして午後6時すぎ、藤井五冠が次の1手を紙に書いて立会人に渡す「封じ手」を行い、初日の対局が終わりました。

藤井五冠は今年度、5月に「叡王戦」、7月に「棋聖戦」と、いずれも防衛戦を制して「五冠」を維持しています。

一方の豊島九段は去年、「王位」「叡王」「竜王」の3つのタイトル戦でいずれも藤井五冠に敗れ、雪辱を期す戦いです。

今回の「王位戦」は、第1局は豊島九段が勝ちましたが、その後、藤井五冠が3連勝し、防衛まであと1勝に迫っています。

藤井五冠が勝ってタイトル防衛を果たすか、豊島九段が1勝を返して望みをつなぐか。

2日目の対局は、6日午前9時、「封じ手」を開封して再開され、勝敗は6日午後に決まる見通しです。