台風11号 6日に九州北部接近へ 大雨などのおそれ 早めの備えを

前線や湿った空気の影響で、西日本と東日本を中心に大気の状態が不安定になり各地で雨雲が発達していて、台風から離れた地域でも大雨による土砂災害や低い土地の浸水などに警戒が必要です。
一方、大型で非常に強い台風11号は、今後、東シナ海を北上したあと、6日に九州北部に最も接近する見込みです。気象台は九州の各地で暴風や高波などに厳重に警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、朝鮮半島から日本海にのびる前線に向かって台風の周辺や太平洋高気圧のふちをまわる暖かく湿った空気が流れ込み、西日本と東日本の広い範囲で大気の状態が不安定になっています。

また大型で非常に強い台風11号は、沖縄県の久米島の西側の海上を北へ進んでいます。今後、東シナ海をやや発達しながら北上したあと次第に進路を東よりに変え、6日の午前中に九州北部に最も接近する見込みです。

九州北部では5日昼すぎから海上を中心に非常に強い風や猛烈な風が吹くおそれがあるほか、海はうねりを伴った猛烈なしけとなる見込みです。

離れた地域でも大気不安定に

前線や台風からの湿った空気の影響で、九州に加えて台風から離れた地域でも大気の不安定な状態が続く見込みで、局地的に非常に激しい雨が降って大雨となるおそれがあります。

5日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽九州南部と四国で180ミリ、
▽奄美地方と東海で150ミリ、
▽九州北部で120ミリと予想されています。
さらに、6日夕方までの24時間には
▽四国で300ミリから400ミリ、
▽九州南部と九州北部で200ミリから300ミリ、
▽中国と近畿、東海で100ミリから200ミリ、
▽奄美地方で50ミリから100ミリ、
その後、7日夕方までの24時間には
▽近畿と東海で100ミリから150ミリ、
▽四国で50ミリから100ミリの雨が降る見込みです。

九州北部 猛烈な風が吹くおそれ

九州を中心に5日から6日にかけて風も強まる見込みで、
▼5日の最大風速は、
▽九州北部で25メートル、
▽九州南部で23メートル、
▽奄美地方で20メートル、
▼6日の最大風速は、
▽九州北部で30メートルから40メートル、
▽中国で25メートルから29メートル、
▽九州南部と四国、北陸、北海道で20メートルから24メートルと予想されています。

特に九州北部では6日、猛烈な風が吹き、▽予想される最大瞬間風速は40メートルから60メートルとなっています。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、暴風、それに高波に警戒するとともに落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけています。

台風の進路によっては雨量がかなり増えるほか、猛烈な風やしけによって災害の危険性が高まるおそれがあり、早めの備えをするようにしてください。

台風から離れた地域でも大気の不安定な状態が続くため、最新の情報を確認することが大切です。

沖縄 各地で強い風 5日も海上は猛烈にしける見込み

4日は沖縄県内の各地で強い風が吹き、
▽宮古空港で午前8時8分に40.1メートル、
▽渡嘉敷島で午前0時20分に39メートルの最大瞬間風速を観測しました。

また、雨も強まり、
▽午前10時20分までの1時間に国頭村奥で61.5ミリ、
▽午後2時40分までの1時間に宮古島市城辺で57.5ミリの非常に激しい雨が降りました。

また、5日に予想される沖縄本島地方の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルです。

海上は5日にかけて引き続き猛烈にしける見込みで、予想される波の高さは
▽久米島で9メートル、
▽沖縄本島地方で8メートルと予想されています。

5日午後6時までの24時間に降る雨の量は、多いところで、沖縄本島地方で150ミリと予想されています。

これまでに県内に出されていた土砂災害警戒情報はすべて解除されましたが、気象台は
▽沖縄本島地方では土砂災害や低い土地の浸水、
▽久米島では暴風などに警戒するよう呼びかけています。

沖縄 強風にあおられ転倒 4人けが

台風11号の影響で、沖縄県によりますと、県内では4人が強風にあおられて転倒し、1人が重傷、3人が軽傷を負ったということです。

消防などによりますとこのうち那覇市久茂地ではきょう午後4時すぎ89歳の女性が強風にあおられて転倒し、頭から出血する大けがをして、意識がもうろうとした状態で病院に運ばれたということです。

5日の空の便 少なくとも51便が欠航

台風の影響で、5日、国内を発着する空の便は少なくとも51便の欠航が決まっています。

4日午後8時半の時点で欠航が決まっている、5日の空の便は、
▽日本航空が鹿児島や奄美大島などを発着する45便、
▽全日空が福岡や沖縄などを発着する3便、
▽ピーチ・アビエーションが2便、
▽日本トランスオーシャン航空が1便となっています。

航空各社は、ホームページなどで最新の運航情報を確認するよう呼びかけています。

山陽新幹線 6日の始発から計画運休の可能性

JR西日本は、台風11号による山陽新幹線への影響について、6日火曜日の始発列車から広島駅と博多駅の間で運転を取りやめる可能性があると発表しました。詳しくは決まりしだい発表するとしています。

また今後の台風の進路などによって運転を取りやめる日時や区間が変わる可能性があるとしていて、最新の情報をホームページなどで確認するよう呼びかけています。