競走馬輸送車両が出火 馬が道路上に退避 東北道一時通行止め

岩手県花巻市の東北自動車道で競走馬を輸送していた大型車両から火が出て、馬が道路上に待避しました。この影響で東北道は一時、通行止めになりました。

4日午前9時ごろ、岩手県花巻市の東北自動車道下り線で、競走馬3頭を輸送していた大型の車両から火が出ました。

消防によりますと、左の前輪部分とエンジン付近などが焼け、火はおよそ1時間後に消し止められましたが、運転手と馬の世話をする担当者3人の合わせて4人が避難し、馬3頭も道路上に待避しました。

人や馬にけがはありませんでした。

この影響で現場付近の東北自動車道の一部区間が、2時間余りにわたって通行止めになりました。

岩手県競馬組合によりますと、3頭の馬は、奥州市のきゅう舎から向かっている途中で火災に遭い、4日予定されていた盛岡競馬場でのレースへの出走は取りやめになったということです。

撮影した女性「高速道路に馬いたのでびっくり」

火災発生直後の現場の様子を撮影した現場近くに住む50代の女性によりますと、エンジンや車の前方部分から煙があがり、馬が高速道路上にいる様子を見たということです。

写真には、3頭の馬が車線の路肩に1列に並んで、それぞれ人が脇に付き落ち着いた様子に見えます。

撮影した女性は、「サイレンの音が聞こえてきたので、様子を見に行ったら高速道路に馬が3頭いたのでびっくりしました。馬のそばには飼育員らしき人が寄り添っていたので、馬はおとなしく、落ち着いた様子でした」と話していました。