霊感商法の手口や対応策 HP公開し注意呼びかけ 東京都

旧統一教会などの問題をめぐって、霊感商法への社会的な関心が高まっているとして、東京都は、霊感商法の手口や対応策をホームページなどで公開し注意を呼びかけています。

都は消費生活総合センターに寄せられた相談のうち、相談が増えている手口や注意が必要な悪質商法などをホームページやツイッターなどのSNSで紹介しています。

都によりますと、霊感商法についての相談が増えているわけではないものの、旧統一教会などの問題をめぐり社会的関心が高まっているとして、今月2日から霊感商法や開運商法の事例を紹介することにしたということです。

「不幸になる」と脅して長時間の勧誘を続けるなどの手口や、クーリングオフなどの対応策について紹介され、都は、被害が疑われた場合はすぐに最寄りの消費生活センターに相談するよう呼びかけています。
都の担当者は「心理的な弱みにつけ込んで心を揺さぶり勧誘するのが共通する手口です。一度冷静になり、話がうますぎないか、理屈が通っているかよく考え、困ったら相談してほしい」と話していました。

東京都消費生活総合センターの相談窓口の電話番号は、03‐3235‐1155で月曜日から土曜日の午前9時から午後5時まで受け付けています。