不登校などの悩み オンラインで相談できる拠点整備へ 文科省

不登校などに悩む子どもが自宅から相談できるようにするため、文部科学省は来年度、スクールカウンセラーなどがオンラインで相談を受ける拠点づくりを新たに進める方針を決めました。

国の統計では不登校の小中学生は増加傾向にあり、2020年度は全国で19万6000人余りと過去最多を記録しました。

不登校の子どもの中には、外出も難しいケースも多いため、文部科学省は自宅からでも相談できる体制が必要だとして、来年度、オンラインで相談できる拠点の整備を自治体に呼びかけ、資金面で支援する方針です。拠点の数は全国300か所を見込んでいます。

オンライン相談に応じるのはスクールカウンセラーとスクールソーシャルワーカーで、不登校のほか、いじめや虐待、それにヤングケアラーなどの悩みにも対応するということです。学校での相談体制も強化する方針です。

すべての公立の小中学校に配置されているスクールカウンセラーなどの勤務回数が現状ではおおむね週1回となっていることから、自治体への補助を増やすなどして支援を強めていくとしています。

これらの事業を行うため、文部科学省は来年度予算の概算要求で今年度の予算より24億円多い101億円を求めています。