俳優の古谷一行さん死去 多くのテレビドラマや舞台で活躍 78歳

人間味あふれる演技で多くのテレビドラマや舞台で活躍した俳優の古谷一行さんが先月23日、東京都内の病院で亡くなったと所属事務所が発表しました。78歳でした。

古谷さんは東京都出身で、大学在学中に俳優座の養成所に入り、俳優の道を志しました。

1977年から始まった民放のドラマ「横溝正史シリーズ」で、名探偵の金田一耕助役を務め、愛きょうあふれる演技で幅広い人気を得ました。

また、1983年から放送された民放のドラマ「金曜日の妻たちへ」で女性を惑わす二枚目の役を演じて話題を集めたほか、1996年のNHKの大河ドラマ「秀吉」では竹中半兵衛を、また、2002年の「利家とまつ」にも出演するなど渋みを増した演技で存在感を見せていました。

2011年に肺がんが見つかりましたが、手術をして復帰し、その後も2017年のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」など数多くのテレビドラマや映画、それに舞台に出演し、活躍してきました。

所属事務所によりますと、古谷さんは、トレーニング中に突然、体調を崩し、先月23日、東京都内の病院で亡くなったということです。

78歳でした。

息子の降谷建志さん「親父の息子にしてくれてありがとう」

古谷一行さんの息子で、バンド「Dragon Ash」のボーカルの降谷建志さんは、自身のSNSを更新し「親父お疲れ様最後まで本当に勇敢に闘い抜いたね」などと投稿しました。

そして「親父の息子にしてくれてありがとう生まれ変わってもイカした俳優とイカしたバンドマンの親子になろぜ愛してるよじゃね」と父への感謝をつづりました。

俳優の小川知子さん「大人の男でした」

古谷一行さんとTBSのテレビドラマ「金曜日の妻たちへ」などで共演した俳優の小川知子さんは、自身のSNSに「突然のことで心臓がドキドキしてます。闘病されていたのですね。一行ちゃんとは役者として長いお付き合いでした。一行ちゃんは常に冷静で穏やかで何があっても笑っている大人の男でした。本当にありがとうございました。ゆっくりお休みください」と投稿し、その死を悼みました。

俳優の名取裕子さん「おおらかな人柄 忘れられません」

古谷一行さんとテレビドラマなどで共演した俳優の名取裕子さんは「突然の訃報にふれ驚いております。若い頃に時代劇などでご一緒させて頂きました時新人の私にも気軽に声をかけてくださり、男らしい、堂々とした明るい笑顔で、現場をまとめてくださいました。おおらかなお人柄が忘れられません。心よりご冥福をお祈り申し上げます」とコメントを寄せました。

俳優の竹中直人さん「憧れの俳優 優しさに満ち溢れていた」

NHKの大河ドラマ「秀吉」で古谷一行さんと共演した俳優の竹中直人さんは「古谷一行さんは憧れの俳優でした。ぼくが若い頃、何度か共演させて頂きましたが、大河ドラマ『秀吉』の撮影現場での古谷さんが忘れられません。その時の古谷さんのぼくを見つめてくださる眼差しが、変な表現になってしまいますが、抱きしめるような優しさに満ち溢れていた事です。役を超えたところでひとりの人間としてぼくを見つめてくださっている。それがどれほど自分の生きる勇気になった事か。そして『竹中…』と呼んで下さった古谷さんのあの声。たまらなく優しかった古谷さん。本当に本当にさみしい限りです」とコメントを寄せました。